★第9回勉強会「退職金」

今回の静岡人事労務勉強会退職金についてでした。講師は、大手地方銀行で退職金の法人営業・コンサルをされているTさん。普段されているだけあって、さすがに説明も流ちょうです。

全体の流れは、まず退職金諸制度の概要や内容比較、導入効果や現状等、基本的なところを説明していただき、次に移行事例を参照し、最後に事例1と2に適した退職金制度は何か検討する、というものでした。

ちなみに事例1は中退共、事例2は答え無し(いくつか考えられる)、といった感じにまとまりましたが、移行における課題はいくつかありそうです。
例えば事例1では、①不利益変更 ②役員報酬 ③定年6名の対応 ④規程の整備 ⑤中退共の掛金設定等。
特にこの検討ではいろんな意見が飛び出し、又課題発見もでき非常に興味深かったです。
キャッシュバランスプランについても参考になりました電球
実は、今まさに私の会社では適年からの移行先を模索しているところです。
私は各保険会社や銀行との折衝を任されていますが、どのような制度が当社に適しているのか非常に悩ましい限りです…もうやだ~(悲しい顔)
制度のメリット・デメリット、不利益変更や積立不足の問題、人事制度との整合性etc.
そして、そもそも退職金って一体何のために必要なのか?という根本的なところも重要です。

今回は基本的な内容が中心でしたが、実務経験者が多くないこともあり、メンバーの皆さんは非常に勉強になった様子でした。
次回は、支給方法(例えばポイント制)と積立方法(DBや401k、中退共等)の関係について聴きたいなと思いました。

カウンター